鷹のプロフィール

スポンサーリンク

鷹のプロフィール

photo3
はじめまして!『青空』運営者の『鷹』です。

1971年に大阪で生まれ、その後もずっと大阪で暮らしています。

主な経歴

小・中・高・大学と、全て順調に?進学してまいりました。

そして大学卒業と同時に、某自動車メーカーの営業マンとして約3年半勤務。成績重視の競争社会ではあったものの何とか仕事をこなしていたのですが、やはり若気の至りとでも言いましょうか?

仕事にも慣れてくると様々な邪念?が生まれるようになりました。誰もがこのような経験をすることがあるかも知れませんが、当時の仕事内容や自分のあり方、将来についてに疑問を抱き結果的に転職を決意することとなったのです。

そして次の職業として選んだのが『二輪販売店』、平たく言えば『バイク屋』です。

この職業を選んだ理由は、その当時の自身の一番の趣味がバイクであったこと、それまでの営業マンとしての知識や経験が二輪車業界でも生かせることができるのでは?という思いからでした。

この業界に入ってから18年が過ぎましたが、現在も現役のバイク屋さんとして働いています。

鷹の性格

基本的には『根暗』なのかもしれません(汗)。

営業マンの経験もあり今現在も接客の仕事をしていることから、周りの人からは『社交的』と思わることが多いようですが、実は人見知りが激しくシャイなんです!^^;

どちらかと言えば自分から人に声をかけるタイプではありませんね。あっでも、声をかけられて無視するようなことはありませんよ^^。ちゃんと当たり前のコミュニケーションは取れますので、ご質問等があればお問い合わせフォームからお気軽にご連絡お願いします。

ただ時として無性に一人で自然の中に身を置きたくなることがあります。これは子供の頃から私がアウトドア好きだったこともあるのかもしれませんが、そんな時は1日中たった一人で山籠もりしていることもあるのですよ(笑)。

鷹の趣味

子供の頃(昭和40年代~50年代)は、とにかく生き物好きな子供でした。田舎育ちの父親の恩恵もあり、それこそ朝から晩まで生き物に囲まれた生活をしていました。

そんな私の生き物との生活の始まりは『ダンゴムシ』だったようです(笑)。母親によればどこからともなくダンゴムシを大量に捕まえてきて、1日中それを眺めていたそうです。

その後小学生になる前からはまったのが『カブトムシ・クワガタムシ』。夏になれば父親が休みの度に採集に連れて行ってくれました。

朧げな記憶と両親から聞かされた話ですが、事の始まりは私が幼稚園入る直前だったと思います。当時家族で天王寺に出かけ、歩道橋の上で売られているクワガタを私が買って欲しいとねだったようです。

それを聞いた父親が一言、「クワガタは買うもんじゃない、捕るもんや」

そこから私たちのカブトムシ・クワガタムシ採集がはじまりました。

その後は年齢と共に様々な趣味を持つようになったのですが、一度興味を持つとそれなりに染めりこんでしまう傾向があるようです。そんな私がこれまでに趣味として経験したものは、

  • カブトムシ・クワガタムシ
  • 生き物(カメ・ザリガニ・魚類・熱帯魚・その他)の飼育
  • 釣り(海・池・川)
  • アウトドア(キャンプ・バーベキュー等)
  • プラモデル
  • ラジコン
  • バイク

ってどんだけあんねん!

というわけでこのブログは、私の趣味に関連した記事が多くなってしまう傾向があるようです。

鷹のプライベート

二輪販売店に転職してから1年後の1998年9月、以前からお付き合いしていた女性と結婚いたしました。

その2年後、長男誕生。
そして3年後、次男誕生。
さらに5年後、三男誕生。

というわけで、子供は男ばかりの3人兄弟、5人家族で毎日賑やかに?過ごしています。

それと忘れてはならないのは、結婚した年から一緒に生活している愛犬(柴犬)です。なんと17年も一緒に暮らしている、我が家の長老です。さすがに最近は足元もおぼつかなくなりおむつまで着用で、いつまで元気でいてくれるのか?と不安ですが、我が家には欠かせない存在です。

ブログ運営について

私がブログをはじめたのは約2年前のことでした。

きっかけはほんの些細なことで『日記をつけよう』と思い立ったことからです。

実はそれまではインターネットやブログにもそれほど詳しくなく、平日は会社と家を往復するだけ。休日は趣味に没頭という生活でした。しかし自分の経験や知識を何かしら形に残したいと思い『ブログ』という形に行きついたわけです。

当初は無料ブログでスタートしましたが、約1年前からレンタルサーバーを借りてワードプレスにて運営を開始しました。その理由はこちらから。

WordPressのテーマを無料でシンプルなSTINGER7に変えてみた

最後に

このブログが、訪れて頂いたあなたにとって何らかのお役に立てれば幸いです。

内容については万全を期しているつもりですが、もしご意見・ご質問等があれば、お気軽にこちらからお問い合わせください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする