貫颯(ぬき はやて)容疑者(22)が傷害致死容疑で逮捕される!

生後2か月の長男に暴行を加えて死なせたとして、大阪府警は2月16日、堺市西区草部のアルバイト・貫颯(ぬき はやて)容疑者(22)を逮捕しました。
貫颯4

近年、子供の虐待に関するニュースが、ほぼ毎日のように日本各地で報じられ、子を持つ親としては心が痛むばかりですが、私の住む大阪でも、この手の事件は増加の傾向にあるようです。

なぜこのような痛ましい事件が起こってしまうのか?私なりに考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

事件当時の様子

事件が起こったのは少し前になりますが、2015年の3月26日頃になります。

貫容疑者は当時、妻(28)、長女(4)、長男の阪上誠ちゃん(生後2か月)と、大阪市此花区春日出北3丁目のマンションで4人暮らしをしていました。

この日妻は買い物の為外出しており、貫容疑者が子供2人の面倒を見ていたといいます。

妻が買い物から帰宅すると、誠ちゃんの様子がおかしいことを貫容疑者から伝えられました。その後、貫容疑者は自ら110番通報。誠ちゃんはすぐに病院に搬送されましたが、約1週間後の4月2日、搬送先の病院で亡くなってしまいました。

司法解剖の結果、誠ちゃんの死因は外傷性脳浮腫(がいしょうせいのうふしゅ)で、当時貫容疑者は救急隊員に、「子供を誤って落としてしまった」などと説明していました。

なお、脳浮腫(のうふしゅ)とは脳実質内に異常な水分貯留を生じ、脳容積が増大した状態のことで、分かりやすく言うと、脳内に何らかの理由で水分(血液)が貯まってしまった状態のこと。誠ちゃんのケースでは『外傷性』とされていますので、外的要因(殴られた、叩きつけられた等)によって、水分もしくは血液が貯まった状態であったようです。

また、貫容疑者と妻はこの事件後、離婚しており、亡くなった長男が『阪上誠』と報道されているのは、妻の性である可能性が高いと思われます。

貫颯容疑者に対する疑い

しかし事件当初から、誠ちゃんの頭部に激しく揺さぶられたと思われる硬膜下血腫が複数見つかったことや、司法解剖の結果、死因が外傷性脳浮腫だったことから、貫容疑者の誠ちゃんへの暴行が疑われていました。

この疑いは各メディアも同様で、昨年9月にはJNNが、11月にはFNNが、そして1月26日には毎日新聞が貫容疑者に直接取材を行っていました。
貫颯2

しかしそこでの貫容疑者の返答は、

Q.何で息子さんはなくなるようなけがをしたんですか?

A.何で?何でって言われても、、、

Q,ケガは故意だった?事故だった?

A.それ言って何かありますか?

Q.虐待行為はあった?

A.無言、、、、、

Q.赤ちゃんがなぜ亡くなったのか、教えていただけないでしょうか?

A.名刺貰っていいですか?

などと、スマホを触りながらそっけない返答ばかり。
貫颯

そして事件発生から1年が経とうとしている2月16日、ようやく貫容疑者が傷害致死の疑いで逮捕されました。

犯行の動機

当時は「子供を誤って落としてしまった」と話していた貫容疑者ですが、逮捕後は容疑を認め、動機についても以下のように供述しています。

「一緒に昼寝をしていたら、子供が急に泣き出して起こされてしまった。イライラして布団の上に落としたら動かなくなった。パニックになり前後に揺さぶった」

確かに犯行の動機と経緯について、本人は正直に供述しているのかもしれませんが、これではどちらが子供なのかわかりません。

しかしこの事件の記録としては、『昼寝を邪魔された父親が、イラついた上に我が子を布団の上に落とし死に至らしめた』これが永遠に残されてしまうのです。

なぜ我が子を虐待してしまうのか?

親が我が子を虐待してしまうケースは本当に様々で、一つの原因に特定することはできません。

ただ、今回の貫容疑者のケースで考えてみると、当たり前のことが当たり前でなくなってしまっている。そして大人に成りきれていない大人が増加している。これに尽きるのではないでしょうか?

例えば、赤ちゃんは泣くものです。と言うより、泣くことしかできません。誠ちゃんは生後2か月の、まだ首も座っていない赤ちゃんでした。『泣く』・『ミルクを飲む』・『寝る』できる事はたったこれだけだったはずです。

これは人間の歴史どころか、動物の歴史をさかのぼって見てみても、本当にごく自然な『当たり前のこと』なのです。

そして睡眠を妨げられ、それに対し怒りの感情を生み出しただけではなく、行動に移してしまった貫容疑者。確かに睡眠は人間の欠くことのできないライフサイクルの一つで、それを妨げられて、イラついてしまうのも『当たり前』のことなのです。

ただ人間は、そして大人は理性があり、それらを本能のままに行動に移してしまうことはほとんどの場合、あり得ません。

世の中のお父さん・お母さんが、これらの『当たり前』『当たり前のこと』として捉え、もう少し理性を兼ね備えていれば、このような悲しい事件が起こることはないでしょう。

詳細は報道されていませんが、事件後、貫容疑者と妻は離婚しています。

誰よりも早く貫容疑者の犯行に気付いていたのは、離婚した妻なのかもしれません

おすすめ記事(広告含む)
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする