堺市中区深井清水町でひき逃げ事故、情報があればご提供を!

4月9日の夜10時過ぎ、堺市中区の府道交差点で、自転車で横断歩道を渡っていた近くに住む小学5年生の女の子が、車にはねられて転倒し、頭の骨を折る大けがを負いました。

車はそのまま逃走し、警察はひき逃げ事件として、逃げた車の行方を追っています。

事故から数日が経過しますが、いまだ有力な情報は得られていないようです。

スポンサーリンク

交通事故の詳細

事故が起こったのは、4月9日午後10時20分ごろ。

場所は堺市中区深井清水町『深井駅前北交差点』

女の子は、自転車に乗って横断歩道を渡っていましたが、そこへ東方向から走ってきた車が、『深井駅前北交差点』へ右折で進入。横断歩道へ差し掛かった際、女の子の自転車に接触しました。

女の子ははずみで転倒し、頭を打っていたため病院に運ばれて検査を受けたところ、頭の骨を折る大けがを負いました。しかし幸いなことに意識ははっきりしており、命に別状はありませんでした。

女の子は母親や友人らと外食をした後、自宅へ帰る際に事故に遭ったということです。

また、女の子と接触した車は、止まることなく現場から逃走。『府道34号線』を、北方向へ走り去ったということです。目撃者の証言などから、逃げた車の色『銀色(シルバー)』だったということが
分かっています。

事故現場の地図

ストリートビュー

前方に見える歩道橋(清掃車と白い乗用車の間)で、事故は起きました。また、事故を起こしたシルバーの車は、画像右方向から走ってきて『深井駅前北交差点』『右折』で進入。『府道34号線』を画像直進方向(北方向)へ、逃走しています。

情報があれば提供を

西堺署はひき逃げ事件として、防犯カメラの画像を取集するなどして捜査を進めているようですが、4月14日現在で、有力な情報は得られていないようです。

ただ、事故現場のすぐ横にはコンビニがあり、この道路には複数の店舗が点在しているため、事故車両が防犯カメラに写されている可能性は高いものと思われます。

今回の事故で女の子は重傷を負ったものの、意識ははっきりしており、命に別状がなかったことは、本当に不幸中の幸いと言えるでしょう。

一歩間違えれば最悪の事態や、女の子が母親や友人らと一緒にいたことなどから、複数の被害者が出ていた可能性もあります。

けがや被害の度合いによらず、『ひき逃げ』は、れっきとした『犯罪』です。

何か情報があれば下記へご連絡を。

また、早期の犯人検挙を望みます。

事故被害者は様々な面で苦しんでいるのです。

情報提供先:西堺警察署 TEL 072-274-1234

犯人逮捕!

事故から1か月以上が経過し、ようやく犯人が逮捕されました。

大阪府警西堺署は20日、小学5年の女児(10)をはねて逃げたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで堺市南区の会社員の少年(19)を逮捕した。

逮捕容疑は4月9日午後10時15分ごろ、堺市中区の府道交差点でワゴン車を走行中、自転車で横断していた近くに住む女児をはね、頭の骨を折る重傷を負わせて逃走したとしている。

西堺署によると、少年は容疑を認め「怖くなって逃げた」と話している。防犯カメラ画像などの捜査で少年が浮上した

引用元:産経WEST

やはり付近の防犯カメラに映されていたようです。

少年は怖くなって逃げたということですが、やはり車を運転する以上ドライバーとしての責任を自覚し、しっかり果たさなければなりません。また、今の日本社会では、事故を起こして隠し通すことはほぼ不可能だと思われます。

この少年、事故を起こした後にすぐに警察に届け出していれば、道交法違反(ひき逃げ)に問われることはありませんでした。結果として自ら罪を上乗せする形になってしまったようです。

おすすめ記事(広告含む)
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする