元AKB48の大島優子さん(27)が起こした物損事故とは?

AKB48の元メンバー女優大島優子さん(27)が、5月26日に東京都内で物損事故を起こしていたことが分かりました。これは雑誌社が警視庁四谷署へ取材したことにより明らかになったようですが、各報道では『大島さんにけがはなかった』とも伝えられています。

当初このニュースを耳にした時、
『報道されるぐらいだから、それなりの事故だったのだろうか?』
『けが人が出なかったため、人身事故ではなく物損事故として扱われたのか?』などと
様々な憶測が頭の中をよぎりましたが、実際はそれほどの事故ではなかったようです。

スポンサーリンク

物損事故の概要

大島さんが事故を起こしたのは、5月26日午後5時30分ごろのことでした。所属事務所によると大島さんは、仕事の関係先に立ち寄るために、東京都新宿区左門町のコインパーキングレンタカーをバックで駐車させようとしたところ、誤ってフェンスに接触したということです。

大島さんにけがはありませんでしたが、実は大島さんは、1~2カ月前に運転免許を取得したばかりだったということで、警視庁は大島さんがハンドル操作を誤った可能性があるとみて、詳しく調べているということです。

事故の状況を分析してみる

さて、今回の事故は大島さんが車をバックで駐車させる際に、ハンドル操作を誤ったと見られているようですが、一体どのような場所で?どんな風に事故は起こってしまったのか?画像を元に見ていきたいと思います。

こちらが大島さんが事故を起こしたコインパーキングです。大島優子事故4

出展:TBS News

そして大島さんの運転する車が接触したというフェンスがこちらです。
大島優子事故

出展:TBS News

大島優子事故3

出展:TBS News

大島優子事故2

出展:TBS News

フェンスの曲がり具合から推測すると、恐らく大島さんは画像のシルバーのバンが止められている位置に、車を駐車させようとしたと思われます。

ただこれらの画像をよく見てみると、いくつか気になる点があります。

  • 2台のみの駐車スペースで、横幅はそれほど広く取られていない。
  • パーキング前方の道幅が狭い。
  • フェンスに緑色のクッション材が巻かれている。

クッション材に関しては、大島さんが事故を起こす以前から巻かれていたものなのかは定かではありませんが、もし以前から巻かれていたのであれば、上記2つの状況と合わせて考えると、『この場所ではたびたび車がフェンスに接触していた?』という可能性が考えられます。

報道は必要だったのか?

つまりこの件で私が一番に感じたのは、『わざわざ報道するような内容だったのか?』ということなのです。

確かに近年、芸能人や著名人が事故を起こし、それが後になって発覚し公の場で謝罪するといったケースが多数見られます。しかしこれらは人身事故であったり、物損事故であったとしても車やバイクなどの相手が存在するケースがほとんどです。

しかし今回の大島さんの事故は、相手がフェンスで損傷もそれほどひどいものではありません。にもかかわらず報道ではこのような言葉も使われていました。

  • 「大島さんにけがはなかった」
  • 「ハンドル操作を誤ったとみて、詳しく調べています」

確かに事実でしょうが、それ以外に何があるというのでしょう?

またネット上では、今回の件が大島さんの売名行為であるとの意見や、事故が後から発覚することを恐れて、早期に公にしたとの意見もあるようですが、報道にもあるように、大島さんはレンタカーで事故を起こしています。隠す以前に車両返却の際にすべて発覚してしまうのは、誰が考えてもわかることです。

そのため相手のいない物損事故にも関わらず、警察に届けをしたのはこういった状況からであったと考えることができます。あるいは事故後、大島さんがレンタカー会社に連絡を入れ、その会社から警察に届け出するように指示があったのかもしれません。

物損事故も警察への届け出は必要です

ところで今回の事故では、大島さんが物損事故にもかかわらずすぐに警察に届け出をしたことにより、広く報道されることになってしまったのですが、この大島さんの行動は、実はすべての運転者に義務付けられていることだったというのはご存知でしたでしょうか?

『道路交通法72条1項』に定められているように、人身・物損にかかわらず、道路または道路に準じる場所(道路交通法上の道路)で起こした事故は、届出の義務があります。

ちなみに『道路』とは、以下のように定義されています。

  • 道路:公道または私道。歩行者や一般車両が通行する道路すべて。
  • 道路に準じる場所:一般駐車場(コンビニ駐車場や郊外型の大規模小売店舗の
             駐車場など、私有地も含む)など、一般車両が通行する場所。
  • 道交法上の道路:自動車道及び一般交通の用に供するその他の場所。

また届出義務に事故の規模は関係ありません。たとえまったく損害が無かったとしても、届け出る義務が発生します。届け出しなかった場合は『交通事故届出義務違反』となり、3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金となってしまいます。

これは案外知らない方が多いので、是非ともこの機会に再確認しておきましょう。

大島優子さんとヤマハ・トリシティ

最後にこれは余談です。大島優子さんといえば『元AKB48のメンバー』『女優』として知られているのが世間一般ですが、私にとってはこちらの方が印象が強いんです。

大島優子

出展:http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

2014年7月にヤマハ発動機株式会社から発売され、LMW(Leaning Multi Wheel)=リーニングマルチホイール(要は左右均等に傾く2つの前輪のことです)を採用し注目を集めた125㏄スクーター、『トリシティ』のイメージキャラクターを務められていました。

この時はテレビCMも流され、企画として大島さんが二輪免許を取られていました。

大島優子免許取ります!

大島優子免許取得へ

テレビCMと撮影風景

近年、二輪車のテレビCMは激減している中での大島優子さんの起用でした。二輪車やトリシティの販売にどれだけ貢献できたのか定かではありませんが、世間の注目を集めていたのは間違いありません。

通りすがりの小学生が展示してあるトリシティを見て「なにこれ~」「大島優子のやつや!」なんて叫んでいましたからね^^;

大島優子さん、車の免許は取得してまだ1~2か月だったということですが、今回の事故を教訓に安全運転に努めて下さいね。

おすすめ記事(広告含む)
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする