ホワイトデーのお返しはその意味を理解してから贈るべき

2月14日はバレンタインデーでしたが、男性の皆さん、今年はいかがでしたか?

私と同世代の40代の会社員ともなれば『義理チョコ』で埋め尽くされてしまう、という方も多くいらっしゃるのでは?

いずれにしても男として、日本人として、『貰ったものにはお返しをする』これは最低限のマナーとして、必ず実施したいところです。

しかし実際は何を贈ればいいのか?

私のような既婚子供が3人、しかも『あからさまな義理チョコだらけ』という状況であればさほど気を遣う必要もなさそうですが、独身男性にとっては、そういう訳にもいきません。

そこでホワイトデーの正しい知識を身に付けて3月14日に備えてみては?今年のホワイトデーは特別な日になるかもしれませんよ^^。

スポンサーリンク

ホワイトデーとは?

これは皆さん、2月14日のバレンタインデーのお返しをする日ということはご存じですよね?

バレンタインデーは、古くは欧州で始まった習慣なのですが、1960年前後から、日本でも行われるようになりました。ただ『バレンタインデーにチョコを贈る』という習慣は日本特有のものなのです。

これには諸説があるようですが、製菓会社やデパートがキャンペーン等を実施した結果、『女性から愛する男性へチョコレートを贈る日』として定着していったようです。

そしてこれに、日本特有の文化が加味されていくことになります。

『贈り物にはお返しを』

これは日本の様々な場面で、当たり前のように見られる習慣です。このことに目を付けた福岡の菓子屋がお返しのキャンペーンを実施。

当時の雑誌のアンケートで『もしお返しが貰えるなら、何が嬉しい?』というものがあり、そこでの上位にマシュマロが入っていたため、マシュマロを売り出すようになりました。

これにより『ホワイトデー=マシュマロ』というイメージが出来上がったのですが、さらに全国飴菓子工業協同組合という団体が加わっていきます。

全国飴菓子工業協同組合キャンディーを売り出し、それまで『マシュマロデー』と呼ばれていたのを、『ホワイトデー』と改めて、全国に広めていくようになりました。

ちなみにホワイトデーが始まったのは1980年3月14日のこと。

さらに昔は、ただ単にマシュマロを贈るのではなく、チョコをマシュマロで包んで贈っていたそうです。これには女性から贈られた愛=チョコを、男性が純白の愛=マシュマロで包んでお返しをするという意味があったようです。

ホワイトデーのお返しには意味があった

このような経緯からホワイトデーのお返しとしては

  • マシュマロ
  • キャンディー
  • クッキー
  • ホワイトチョコ

などが選ばれることが多いのですが、現在では

  • スイーツ
  • ジュエリー
  • フラワー

などが選ばれるケースも増えています。

しかし定番とも言われる、

  • マシュマロ
  • キャンディー
  • クッキー

実は以下のような意味合いが込められていたのです。

  • マシュマロ=あなたが嫌いです。
  • キャンディー=あなたが好きです。
  • クッキー=友達でいて下さい。

いかがでしょうか?特にマシュマロは、発祥当時とは全く逆の意味となっています。

既にご存知の方もいいらっしゃるでしょうが、女性はともかく、男性の中には知らなかった方も多いのでは?

これを知らずにうっかりお返ししてしまったら、誤解を生んだり、変な気を持たせてしまったり、大変なことになりかねません。

これらを十分に理解した上で、渡す相手に応じてお返しを選びたいところです。

おすすめのお返しは?

さて、以上のことを踏まえてですが、男性の場合は『いざ、買い出し!』というのもなんだか照れくさいものです。

そんな時は私も頻繁に利用するのですが、こちらを参考にしてみて下さい。

皆さんもう既にご存知でしょうが『楽天市場』です。現在、楽天市場では『ホワイトデー特集 2016 』というページも開設されており、

  • 本命
  • 義理
  • 予算
  • 期間限定

など、様々な方法で贈る物を選ぶことができます。

私も今年は『義理チョコ』のお返しが多数必要なため、こちらで準備をしたいと思います。

ただ私は妻(本命)には、こちらを贈る予定です。

お気に入りの『小樽洋菓子舗ルタオ』

CHOCOLAT de M(ショコラ ド エム)

やはり本命には『愛を包み込んで』送り返したいですね^^

おすすめ記事(広告含む)
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする