オオクワガタの菌糸ビン交換とノコギリクワガタのマット交換

みなさんこんばんは、鷹です!

少し前にお伝えしましたが、今年は国産カブトムシのブリードに失敗してしまったため、思いもよらず常温飼育スペースにそこそこの余裕が出てしまいました。

その代わりと言っては何ですが、本土ヒラタクワガタの幼虫はそれなりに確保でき、ノコギリクワガタも幼虫と卵を相当数確保することができました。

そのため常温飼育スペースはこの2種で占められてしまいそうな勢いです。^^;

ただ今年はコクワガタのブリードも中断しているため、国産種に関しては

  • オオクワガタ
  • 本土ヒラタクワガタ
  • ノコギリクワガタ

の3種の幼虫飼育ということになります。

本土ヒラタクワガタの飼育状況に関しては前回の記事でご報告させて頂きましたが、今回はオオクワガタとノコギリクワガタの飼育状況についてご報告させて頂きたいと思います。

オオクワガタの菌糸ビン交換

オオクワガタのブリードに関しては、昨年5月に我が家で羽化した約72㎜のオスとヤフオクで入手した約45㎜のメスをペアリングし(共に山梨県産)、4月末からメスを産卵セットに投入していました。

オオクワガタのブリードも開始です!
みなさんこんばんは、鷹です! 前回の記事で本土ヒラタクワガタのブリードを開始したことは御報告させて頂いたのですが、実は全く同じタイミングで...

その後6月20日に産卵セットの割り出しを行い、7頭の幼虫を取り出すことができたのですが、菌糸ビン投入時点では2頭が☆になり残された幼虫は5頭になってしまいました。

オオクワガタの産卵セット割り出し、そして、、、
みなさんこんばんは、鷹です! まだまだ暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか? 私の住む地域では日中の猛暑は相変わらずですが、お盆...

この5頭の幼虫は8月2日に菌糸ビンへ投入したのですが、さすがに2ヶ月以上も経過するとこのような状況に、

ご覧のように左の2本はそれほどでもありませんが、右の3本はほぼ菌糸が無くなってしまったようです。^^;

ということでこちらの3本、

しばらく観察しているとオスのようですので、次は800㏄へ投入したいと思います。

それではまずは1本目、

おっ、これは想像以上かも?^^

ちなみに体重は、

ぱっと見では20g以上あるように思えたのですが、いざ測ってみると17g。

現在のオオクワガタのブリード事情からい言えば、かなり小型の部類に入ってしまいそうです。^^;

まあでも私の飼育レベルではそれも致し方ありません。とりあえずは親越え(約72㎜)が目標ですので、今後の伸びに期待したいと思います。

続いて2本目、

う~ん、似たような感じか?

てか、全く同じ17g。^^;

いくら兄弟とはいえ、そこまで似なくても、、、。

それでは気を取り直し、期待を込めて最後の1本、

が、やはり血は争えなかったか?

とりあえず今後の伸びに期待して800㏄へ、

飼育環境にもよりますが、羽化まではまだ数か月~半年ぐらいはありそうです。その間にじっくり菌糸を食べて頂きたいと思います。

ノコギリクワガタの個別飼育とマット交換

さてお次はノコギリクワガタです。

昨年もノコギリクワガタのブリードにチャレンジしたのですが、産卵こそうまくいったものの初期の幼虫管理に失敗し、さらにその後の幼虫飼育も思わしくなく、結局今年羽化できたのは4頭のみでした。

ノコギリクワガタ、予想外の事態
みなさんこんばんは、鷹です! とうとう11月に入ってしまいましたね。 2017年も残すところ2か月を切ってしまいましたが、日々カブトムシ...

ただどうしても今年も再チャレンジしたいと考えており採集に出かけたところ、運よくペアをゲットすることができました。

2018年 カブトムシ・クワガタムシ採集のスタート
みなさんこんばんは、鷹です! つい先日、関西でも梅雨明けが発表されました。 ただ皆様もご存知の通り、梅雨明け寸前には西日本を中心に大雨に...

というわけで今年はこのペアでブリードにチャレンジ!

ノコギリクワガタの飼育状況
みなさんこんばんは、鷹です! 私事で大変恐縮ですが、8月に入ってからも少し仕事が忙しい状況が続いております。それに加え8月13日~16日ま...

メスを7月19日に産卵セットに投入し、様子を伺いながら少し長めの2か月間の投入期間を経て、9月20日に割り出しを行いました。

ノコギリクワガタの産卵セット割り出し
みなさんこんばんは、鷹です! ふと思い返してみると、今年はたったの2回しかカブクワ採集に出かけることができませんでした。^^; その理由...

産卵セットの割り出し時には幼虫8頭卵16個を回収。幼虫は大きさに合わせて460㏄と90㏄のプリンカップへ投入しました。

卵は大きめのプリンカップに8個ずつに分けて入れておきましたが、1か月が経過しましたので、個別飼育への切り替えとマット交換を10月25日に行いました。

少し判別し難いかもしれませんが、手前から

  • 460㏄プリンカップ×2
  • 90㏄プリンカップ×6
  • 卵を8個ずつ入れたプリンカップ×2

と並んでいます。

それではまずは90㏄のプリンカップから、

割り出し時にはほとんどが孵化直後だったのですが、なんとかここまで育ってくれていました。^^

ただ残念なことに6頭中1頭が☆になってしまいました。

続いて卵を管理していたプリンカップの1つ目、

プッチンプリンしてみるとこんな感じで、幼虫の姿と食痕も確認できます。

で、慎重に割り出しを行ってみると、

幼虫8頭回収!

つまり卵全部が孵化し、幼虫として回収することができました!^^

続いてプリンカップの2つ目、

こちらは零れ落ちた幼虫が1頭のみですが、食痕は多数見られます。

そして割り出してみた結果、、、、

なんとこちらも幼虫8頭

ということで管理していた卵16個が全て孵化し、幼虫として生存していてくれました。

実は割り出し後の観察で卵全てが孵化しているような雰囲気はあったのですが、まさか掘り返して確認するわけにもいきません。^^;

それに加えプリンカップの外からは数頭の幼虫しか確認できておらず、正直なところ全てが生存していてくれてるとは思ってもみませんでした。

これは昨年とは全く違う『嬉しい誤算』です。^^

さて、それでは最後に460㏄のプリンカップへ投入していた2頭です。

この2頭は割り出し時から飛びぬけて大きく、おそらく種親のメスが早い時期に産卵していたものと思われます。

ではプリンカップを『プッチンプリン』してみると、

早々以上に大きくなっていました!^^

ただ左側は少し嫌な予感が、、、、

マットがプリンカップの形をしています。

このパターンは☆になってしまっている可能性が高いのですが、とりあえずマットを崩していくと、

おおっ、こちらも大きく成長してくれていました。^^

とは言ってもあくまで今回のブリードの中では大きいだけで、水牛を目指すにはまだまだこれからですね。

とりあえずこの2頭だけ体重を計ってみると、

まだ大型のコクワガタの幼虫にも及びませんね。^^;

これからの伸びに期待して、新たなマットへ投入です。

体重測定を行った2頭は1100㏄へ、その他は460㏄のプリンカップで管理していきたいと思います。

ちなみにこの幼虫たちの♀親ですが、産卵セットの割り出し後、引き続き産卵セットで飼育していましたが、

10月に入った当初は、まるで冬眠でもしてくれるような姿を確認していました。

しかし10月7日、

それ以上は産卵することもなく、☆となってしまいました。

多くの幼虫を残してくれて、本当にありがとうございました。<m(__)m>

最後に

オオクワガタは数こそ少なく決して大きいとも言えませんが、ここまでは順調に育ってくれました。

そしてノコギリクワガタは予想以上に孵化率が良く、大きめの2頭を見ていると、他の幼虫たちも今後が楽しみです。

今年はカブトムシの幼虫飼育がないためオオクワガタやノコギリクワガタ、そして前回ご紹介した本土ヒラタクワガタもしっかり管理していきたいと思います。

コメント

  1. 都内父さん より:

     鷹さんこんにちは。
     ノコギリの孵化素晴らしいですね。
    私はノコギリやオオクワガタはやってませんが、コクワはやってます。幼虫も7匹取れまして、マットと菌糸に分けて育ててます。菌糸もオオヒラタケとヒラタケに分けてるので、成長に違いが出るのかを楽しんでおります。この様に少し飼育に余裕の様なものが生まれ、ますますクワガタ飼育は楽しいなと感じてます。
     越冬に関してですが、初めてのコクワ飼育で解らないことを質問させてください。
     最近餌も食べず姿も見かけません。☆か?と思い覗いてみると、仲良くチップと水苔の間で裏返ってます。普通に生きてます。室温は15℃~22℃くらいです。このまま冬をむかえて良いものでしょうか?自分としては水苔は隙間が多いので、マットに変えた方が良いと思うのですが、、、。そのタイミングが今なのか?
     アドバイスを頂ければと思います。宜しくお願い致します。

    • taka より:

      都内父さん様

      こんばんは。
      ノコギリの孵化率と生存率の高さには正直驚いていますが、
      よくよく考えてみれば自然界でコクワガタの次によく見られるのはノコギリクワガタです。
      しかもこの幼虫たちはWDペアからの子たちですので、当たり前と言えば当たり前かもしれません。

      さてご質問のコクワガタですが、
      現状の飼育方法のまま越冬させても全く問題ないと思います。

      気温が下がってくればクワガタは活動量が減るため、
      それと同時に食事の量も極端に減ってきます。
      この様子だと既に自ら越冬準備に入っているものと思われます。

      またクワガタの越冬に関しては、マットでもチップでも水苔でも全く問題ありません。
      私が記事でご紹介している方法はあくまでも『一例』で、
      クワガタが身を隠す場所さえ作ってあげれば大丈夫です。

      というのも自然界でのクワガタの越冬を考えてみると、
      成虫として夏場に活動した個体は、樹皮の裏側や樹洞の中で越冬をします。
      つまり土の中に潜って越冬するクワガタはいないということです。

      それに加え私の採集ポイントを例にとって考えてみても、
      冬には雪も積り最低気温が氷点下になるのは当たり前。
      時にはクワガタが越冬してる木に氷柱ができていることもあります。

      自然界のクワガタたちはこのような状況で越冬していることを考えると、
      飼育下、しかも室内で管理していれば、通常飼育のまま越冬に持ち込んでも全く問題ありません。

      私がクワガタの越冬にマットを使っている理由は、ただ単に廃マットの再利用と、
      昔からこの方法で越冬させていたため継続しているだけなのです。

      それこそブログを始める前はコクワガタに関しては、
      通常の多頭飼育のまま越冬させていましたから。^^

      すでに活動量が減っているのであれば、
      環境を変えることでクワガタにストレスを与えるより、
      このままそっとしておいてあげた方がベストかと思います。^^

  2. 都内父さん より:

    アドバイス有り難うございます。
    何となく土が良いかななんて思ってましたが、このまま放置してみようと思います。自然界で樹皮の裏側に居るのなら隙間とか関係ないですね(笑)いつも仲良くゼリーを食べ、片寄合ってチップ裏でひっそりとしているコクワがとても可愛く思えてなりません。
     キャンプ場の管理人さんから息子が貰ってきたコクワですが、大切に累代させたいと思います。また、採集をしたことがないので機会があれば行ってみたいです。

    • taka より:

      都内父さん様

      こんばんは。
      コクワガタは非常に丈夫なクワガタで、低温でも高温でも少々のことなら耐え忍んでくれます。
      もちろん越冬の最中に寿命を迎えてしまうこともありますが、
      それさえなければ来年の春先には、きっと元気な姿を見せてくれるはずです。

      コクワガタもよく観察していると、非常に様々な行動を見せてくれますね。
      臆病者かと思いきや同種間ではそこそこ喧嘩もしますし、
      気に入らなければメスを襲うこともあります。
      もちろん小さくて力も弱いため相手に致命傷を与えることはありませんが、
      彼らの中でもしっかりと世界が作られているようですね。^^

      キャンプ場の管理人さんから頂いたのであれば、必ずそのキャンプ場にはコクワガタが生息しています。
      機会があれば来年の夏、ぜひとも採集にもチャレンジしてみて下さいね。^^