コクワガタの幼虫の割り出し、は行いませんでしたが、、、

みなさんこんにちは、鷹です!

少し変な記事タイトルでスイマセン<m(__)m>。

これにはちょっと訳がありまして、、、、、

今年はコクワガタがたくさん採れたこともあり、少し本格的にコクワガタのブリードに挑戦しています。

コクワガタの幼虫はとりあえず発酵マット飼育で

コクワガタのメスの産卵

がしかし、コクワガタの産卵セットを組んであった飼育ケースが、先日不慮の事故に遭ってしまったのです。

事故に遭ったのはこちらの飼育ケース。

置いてあった場所も悪かったのですが(階段の踊り場)、三男が朝、学校へ行く際にランドセルをひっかけ階段から転落。幸い中身が全部出てしまうことはありませんでしたが、マットがかなりこぼれ出てしまう事態となってしまいました(涙)。

というわけで整理も兼ねて少し中の様子を見てみることにしてみました。

少しだけ割り出し

まずは今日の飼育ケースの様子こんな感じです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とりあえずこぼれ出たマットや木を元に戻しておきました。もし幼虫が生まれてマットの中に出てきていたら大変なことになってしまいますからね。

ただ一度ひっくり返ってしまっているのでここは割り切って、大きめの容器にひっくり返してみることにしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

幸いマットの中には幼虫の姿も卵も確認できませんでした。そして産卵木を取り出して少し観察していると、所々柔らかくなっている部分があります。そこを少し割ってみると、、、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いました!コクワガタの1齢幼虫です!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スプーンに移動させてみると、まだまだかなり小さいですね。^^;

これはまだプラスチックコップに移すには早すぎです

以前、あまりにも早い時期にコクワガタの幼虫を取り出して2頭が死んでしまうということがあったため、今回は幼虫を産卵木に戻し割った部分も元に戻して、再度マットの中に埋めてもう少し様子を見ることにしました。

コクワガタの幼虫はとりあえず発酵マット飼育で

この産卵木にはまだ他の幼虫や卵がいる可能性もあるため、もう1か月ほど様子を見てから割り出しを行ってみたいと思います。

コクワガタの幼虫の取り出し

ところで先日から見えていたコクワガタの幼虫ですが、

カブトムシ・クワガタムシの成虫の近況

今日確認してみるとかなり大きくなっているようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらはさすがに問題なさそうですので、早速取り出してみることにしてみました。もしかすると他に幼虫がいるかもしれませんし。

出てきたのは1頭だけ

幼虫が見えていたのはこの飼育ケースの右側です。この飼育ケースは中央に仕切り版があるため、左と右で少し飼育環境を変えてありました。

  • 左=産卵木
  • 右=フジコンバイオくち木BLOCK

これらをそれぞれ埋め込んで複数の成虫を飼育していました。

左側はつい先日までコクワガタのメスが産卵している様子を確認していたので、しばらくはこのままにしておきます。そして幼虫が見えていた右側を掘り出して確認してみたところ、、、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出てきたのは見えていたこの1頭のみでした。

このことから考えるとコクワガタの産卵にはフジコンバイオくち木BLOCKのような柔らかい材より、少し硬めの産卵木の方が適しているのかもしれません。

今後の参考にしていきたいと思います。

菌糸ビンの利用

さて、たった1頭とはいえ取り出すことができたのでプラスチックコップへ移動ですが、少し前から考えていたことがあったので今回は実践してみることにしてみました。

それがこちら、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ノコギリクワガタの幼虫を飼育している菌糸ビンです。9月21日にさなぎになっていることを確認していたのですが、羽化はもう少し先のようです。

(相変わらず見えづらい画像でスイマセン^^)

どちらにしても成虫となって出てくるのは来年の初夏の話。しかしよくよく見てみるとほとんど菌糸が残っています。もちろんさなぎになってしまえば菌糸は必要ないので、取り出してコクワガタの幼虫に使ってみることにしてみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

取り出した菌糸ブロックをプラスチックコップに入れ、その上からマットを詰めて少しくぼみを付けた部分に幼虫を乗せてあげます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この後元気にマットの中に潜っていきました。

最後に

やはりクワガタはカブトムシと違って、成虫を飼育しているだけで自然に交尾・産卵というケースは少ないようです。たとえあったとしてもその場合は今回のように、飼育ケースの中から出てくる幼虫の数は少なくなってしまうようですね。

私は過去にもコクワガタの幼虫を成虫まで飼育した経験はあるのですが、思い返してみれば確かに多くても年に3頭ほどだったと思います。

今年は産卵木をセットしたこともあってま、だまだコクワガタの幼虫を取り出すことができるでしょう。

できるだけ多くの幼虫を取り出して、大事に育てていきたいですね。

おすすめ記事(広告含む)
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ネコ吉 より:

    はじめまして。ネコ吉と申します。
    クワガタ飼育でたいへん参考にさせていただいてます。
    おわかりでしたら・・と祈りを込めての質問なのですが、、

    ひょんなきっかけで2年前からコクワガタを飼いだし、今年はじめて産卵→幼虫孵化まで
    こぎつけたのですが、

    7月中ごろに割り出し後、1週間ほどプリンカップで、産卵した既存マットで飼育。
    それから1.5Lのペットボトルを半分ほどに切り、新品マットで菌糸ビンもどき(笑)
    にて個体ごとに飼育中。

    という状況です。

    7頭ほど居ますが、うち1頭は割り出し時に比較的大きかった(2齢?)ので
    100均で買ってあった小さな虫かごにマットを入れ飼育してます。

    その固体なのですが、半月ほど前にマットを換え(おそらく3齢)、
    ケースの底の見える位置でうねうねしている状態でした。

    ところが、2、3日前にそのケースを確認したら、同じ場所ですが、薄い黄色の
    物体が居ます。
    と、ここまではいいのですが、動きがイモ虫状態のモソっとしたものではなく、
    釣り上げた小魚がはねるような、ピョッピョッ・・みたいな動きをします。

    なおかつ、明らかにイモ虫状態の幼虫とは容姿が異なります。

    透明なケースですが、細かなマットのカスも邪魔ではっきりと確認までは
    できないのですが、まさか蛹になっているなんてことが、この期間、この時期で
    あり得るのでしょうか?

    ネットで検索しても、孵化して3ヶ月程度で蛹になる内容は見つけられません。
    気になって仕方ないので、思い切ってコメ欄で質問してしまいました。

    何かご存知でしたらご教示いただけませんでしょうか。
    長くなってすみません。

    • taka より:

      ネコ吉様

      はじめまして!
      かなり詳しく状況をご説明頂き、ありがとうございます。

      早速ですがその『謎の生物』、
      文章の内容からすれば『コクワガタのさなぎ』に間違いないと思われます。

      まずはこれまでの飼育経緯を再確認して頂きたいのですが、
      ペアリングから産卵セット、さらに割り出しまではどのような状況でしたでしょうか?

      コクワガタの幼虫はかなり小さいため、
      割り出し時(7月中旬)に2齢、半月ほど前(9月初旬)に3齢であったならば、
      産卵、孵化は春先~初夏にかけてではと思われます。

      もしそうであれば今年の夏はかなり気温が高かったため、
      飼育環境にもよりますが、早期羽化の可能性は十分に考えられます。

      私自身は経験がありませんが、以前『月夜野きのこ菌』様の飼育ブログで、
      『ヒラタクワガタのメスが4か月で羽化した』という記事を見たことがあります。

      念のためリンクを張っておきますので、よろしければ参考にしてみて下さい。

      『本土ヒラタクワガタの飼育 【幼虫飼育経過観察】 菌糸ビン飼育による早すぎる羽化!』

      ともあれしばらくはあまり刺激を与えず、
      定期的に観察してみて下さいね。^^

  2. ネコ吉 より:

    taka様

    お世話になります。早速のご回答ありがとうございます。

    とりあえず、ご回答内容について、、、

    >ペアリングから産卵セット、さらに割り出しまではどのような状況でしたでしょうか?

    ペアリングというほど意識したアクションはしてませんが、昨年夏に♂x②を
    自然採集して、♀x②をショップで購入。
    越冬しましたが、今春だったか、♂1頭が☆になり、♂①+♀②の状態で同居。
    5月半ば頃に別容器で産卵セットをつくり、♀2頭を移動。5月終わり頃に
    ♀を元の容器へ戻しました。

    セットは2ヶ月ほど放置し、7月終わり頃に割り出して7頭発見。
    記憶が確かなら、2齢くらいが2頭、あとは初齢だったような気がします。

    こんな感じです。
    現物の明瞭な写真でも撮れて、ご覧いただければもっと判るものかと、、残念です。

    どさくさ紛れのようで申し訳ありませんが、実はもうひとつ不思議な話があり、

    これも半月ほど前の話ですが、産卵用の容器とは別の成虫の飼育用容器の中で、
    3齢maxほどに育った幼虫がうごめいており、ビックリ。

    産卵木も何もなく、産卵容器のマットを使いまわしたわけでもない別容器に
    イリュージョンかと思える事態で、1頭増えました(笑)or(凍)。

    ミヤマ種とかでもないのに、マット産卵なんてあり得るのでしょうか??

    びっくり続きですが、全頭無事に羽化してくれるといいなと祈りつつ。

    ありがとうございました。。。

    • taka より:

      ネコ吉様

      早速のご返答、ありがとうございます。
      内容から察するとメス2頭、もしくはどちらかは昨年の時点で交尾しており、
      産卵セットに投入直後に産卵したのではと思われます。

      そうすれば羽化までは5ヶ月前後という計算になりますので、
      十分に有り得ることだと思います。

      その『証拠』とも言えるのが成虫飼育用の容器から出てきた幼虫で、
      おそらく越冬直後にメスがマットの中で産卵したものと思われます。

      ちなみにコクワガタのマット産卵については、
      私も過去に何度も経験しています。
      (ブログ他記事でもご紹介していますよ^^)

      『コクワガタが産卵していたようです マットの中に幼虫が!』

      この繁殖力の強さが、小さくて弱いにも関わらず
      あちこちで成虫を見ることができる要因の一つかもしれませんね。

      ちなみに現在『さなぎ』と思われる個体は約1か月後に羽化するでしょうが、
      来年の春までは蛹室内で休眠し活動を開始しません。

      少し不安化もしれませんが、
      自力で蛹室から出てくるまでそっとしておいてあげて下さいね。^^

      全頭無事羽化してくれるよう、お祈り申し上げます。

      • ネコ吉 より:

        こんばんわ。ネコ吉です。

        先のコメントの蛹ですが、、、
        さきほど羽化しているのを確認しました。

        頭半分が茶色、下半分がクリーム色っぽい感じで、最初見た時は
        変色している!死んじゃったか??と一瞬焦ったのですが、動いたので
        まさか!!と。

        こんな感じです。

        ところで、、

        現在100均の15cmx10cmくらい、深さ10cmほどの透明の虫かごに居ます。

        幼虫の頃、ケースの底いっぱいに潜って、蛹の状態で見えたのはケースの
        底面からです。蛹の体面が触れているのがマットでなく、ケース面なので
        どうかと考え、ケースを正方向でなく、横面を底にして立てるような(フタが
        横方向に)状態でそっと経過を見てました。

        この先ですが、本来(マットの)地表面が上になるべきですが、当然横
        向いてます。つまり重力方向の上はケース横面な訳で、重力にしたがって
        上に出ようとしてもケース横面が天井になります。

        もし横方向に穴を掘りフタ方向(マット地表)へ出た場合、抜け穴から
        崖下へ転落する話になる訳です。

        説明が難しく、ややこしくてすみません。

        どうしていいか、わかりません。
        アドバイスあればご教示いただけませんか!!

        よろしくお願いします!

        • taka より:

          ネコ吉様

          こんばんは。
          無事羽化してくれたようですね、おめでとうございます!

          さてこれからのことですが、、、、

          文章から判断すると、まだ羽化して間もないと思われますので、
          とりあえず1ヶ月くらいはそのままにしておいてあげて下さい。
          その間に体色もみるみる赤から黒へ変色していきます。

          そこまでくれば飼育ケースを本来の縦向きにおいてあげれば大丈夫です。

          ただ、この時期に羽化した成虫は来年まで活動を開始しません。
          ご存知かもしれませんが、これを『休眠』と言います。

          その間羽化した成虫は蛹室内でじっとしており、
          来年の春先から初夏にかけて活動を開始します。

          そうすれば自力でマット内から地上に上がってきますので、
          それまではそのまま放置しておけば大丈夫です。

          ただ成虫に余計な刺激を与えないために飼育ケースを置く場所は室内で、
          なおかつ冷暖房の影響がない場所が好ましいです。

          初めてのことで不安化もしれませんが、
          休眠中の成虫は数か月もの間、食事も全く摂りません。
          これは自然界ではごく当たり前に起こっていることですので、
          心配する必要はありません。

          そして来年の3月~4月ごろ、
          目安としては外気温が18℃前後になれば、
          飼育ケースにゼリーを入れてあげれば良いと思います。

          そうすれば休眠からクワガタは自然にマットの上に上がってきます。
          それまではとにかく安静にしておいてあげることですね。^^

          ちなみに『説明文』とてもよく分かりますよ。
          もしまたご質問があれば、お気軽にお問合せ下さいね。^^

  3. ネコ吉 より:

    taka様

    こんにちは。いつも親切かつ丁寧なご回答、ご対応ありがとうございます。

    放っておくんですね。。
    でも正直、見えるだけに生きてる、死んでるが不安でしかたないのですが、
    そっとしておかないとヤツらとてストレスで、それこそ死んでしまいそう
    ですね。

    ちなみに羽化したのは♀のようです。

    あと7匹の幼虫がペットボトルのニセ菌糸ビン(中身は幼虫用と称すマット)
    なのですが、どこかで3ヶ月ごとくらいでマットを取り替えるような事を
    目にしたのですが、そろそろ3ヶ月くらいになるものかと。。

    換え用のマットは買ってあるのですが、コイツらは外から見えません。

    もし・・・また蛹になっているヤツが居たとしたら蛹室とやらを壊し
    面倒なことになったら、、、。

    と考えると、どうしたものかと思案してます。

    まぁ、古いマットをバラさなければ交換もできない訳でもあるのですが。。

    命あるものを相手するのって人間でもイヌ、ネコでも、害虫を除く昆虫でも
    クワガタを飼い始めて、あらためて奥深いなと感じます。

    では、また何かありましたら訪問します。
    そのときは宜しくお願いします!

    • taka より:

      ネコ吉様

      こんばんは。
      確かに不安かもしれませんが、
      屋外のクワガタたちはじっと来年の春を待っています。
      できるだけ同じ環境を与えてあげることが一番ですね。^^

      ただ少しだけ補足を。

      マットの表面が乾燥してきたら、霧吹き等で軽く湿らせてあげた方が良いですね。
      この時注意が必要なのは、蛹室内に水が入ってしまわないようにすることです。

      私の過去の飼育経験から言っても、
      こうしてあげれば無事越冬してくれる確率がぐっと高まります。

      マットについては『3ヶ月』というのはあくまで目安ですね。

      好ましいのは幼虫の食べ具合やマットの劣化を見ながら交換していくことです。
      マットが異常に乾燥していたり、幼虫の糞が目立ってきたり。
      あるいはマットがパサパサな状態になって繰れば、交換してあげれば良いかと思います。

      そのため飼育場所や飼育種、さらに個体差も出てくると思いますので、
      定期的に観察を続け、交換時期を見極めていく必要がありますね。

      逆に言えば、外から幼虫の姿が見えない状態であれば、
      交換する必要はありませんね。

      クワガタを飼育しているといろいろな気付きがあったり、
      改めて考えさせられることがあったりしますが、
      こうして『命』について考えられることは、とても素晴らしいことだと思います。

      またのご訪問、心よりお待ちしております。